読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

隕石が直撃し死亡!?クレーターに関するあれこれ

宇宙 科学

zasshi.news.yahoo.co.jp

インドで隕石があたって男性が死亡したとのニュースがありました。

実際に隕石が本当の原因なのかは調査中のようです。

 

隕石と聞いて、思い浮かべるのがクレーターです(私の場合は)。

では現在、世界に残っているクレータで最も大きいクレーターはどのくらいなのでしょうか?

◆フレデフォート・ドーム

フレデフォート・ドームは南アフリカに存在する世界最大のクレーターです。

その大きさは直径190km。世界遺産にも登録されています。

◆衝突した隕石の大きさ

衝突した隕石の大きさはクレーターの直径190kmに対し、直径10~12km程度だった考えられています。

隕石の大きさの10倍以上のクレーターが出来たことになります。

◆クレーターのまつわる物語

アメリカに「バリンジャー・クレーター」というクレーターがあります。

このクレーターは世界で最も有名なクレーターと言われています。その大きさは直径1.2~1.5kmあります。

もしかしたら皆さんも気づかないうちにバリンジャー・クレーターの画像を見ているかもしれません。

バリンジャー・クレーターのバリンジャーは人の名前です。

鉱山技師だったバリンジャーは、この巨大なクレータを作った隕石はとても大きな鉄の塊と考え、クレーターの中を調べれば大量の鉄を手に入れられると考えました。

バリンジャーはクレーターを買取、莫大な資金を投入し、調査・採掘を行いました。

しかし一向に鉄は見つかりません。

それもそのはず、隕石は大きさは20~30m程度しかなかったのです。

採掘は中止となり、その後まもなくバリンジャーは心臓発作でこの世をさりました。

確かに巨大なクレーターを見れば、巨大な隕石が衝突したと考えるのは当然です。

しかし実際は小さな隕石でも巨大なクレーターを作るのです。

 

今後、巨大隕石が地球を襲う可能性はゼロではありません。

その時は映画のアルマゲドンのように地球を救うことができるのでしょうか?

 

隕石の見かた・調べかたがわかる本―藤井旭の天体観測入門

隕石の見かた・調べかたがわかる本―藤井旭の天体観測入門