読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

買い物難民をドローンで解決

国内 政治 社会

www.yomiuri.co.jp

買い物難民とは

過疎化で商店が撤退・廃業したり、高齢で行動範囲が狭くなったりして、食料品や生活必需品の買い物に困る人々。内閣府の「2005年度高齢者の住宅と生活環境に関する意識調査」によると、60歳以上の高齢者の16・6%が、現在住んでいる地域で不便な点として「日常の買い物」を挙げている。経済産業省は、この割合に全国の高齢者数をかけ、「難民」は約600万人と推計している。買い物難民とは - コトバンク

 このような買い物難民を解消するために、ドローンの活用が始まりました。

今回の実験は国土交通省が実施ました。実験の内容は約500メートル先の目的地に、食料品を運ぶという内容で、実験は成功しました。

このような実験はすでに行われているものや、計画されているものが多数あります。

今後、日本各地で買い物難民が解消されること期待します。

 

「買い物難民」をなくせ!  消える商店街、孤立する高齢者 (中公新書ラクレ)

「買い物難民」をなくせ! 消える商店街、孤立する高齢者 (中公新書ラクレ)