読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

講演料のチェックを強化。新薬審議委医師

www.asahi.com

厚生労働省は、新薬の承認などを審査する国の審議会の委員を務める医師らについて、製薬企業から受け取った講演料などの申告が適正かどうか、4月から確認を強化する方針を決めた。申告された内容に間違いがないか製薬企業に問い合わせ、点検するという。

 薬は申請を行い、承認をもらったものが販売されます。

その承認を出すための審査は、医師などによって行われます。

その審査に参加する医師は製薬メーカーなどから受け取った講演料などを申告を行っています。講演料の代わりに製薬メーカーなどに有利な判断をしなよう、審議の中立性や公平性を保つためです。

これまでは医師からの自己申告に任せきりだったが、今後は厚生労働省が製薬メーカーなどに問い合わせをして申告が正しいかを確認するそうです。

すべての医師が嘘の申告をしているわけではないですが、ごく一部に申告内容が事実と違っていることもあったようで、私達の健康のためにも正しい審議が行われるように体制をつくっていって欲しいです。

 

職業治験 治験で1000万円稼いだ男の病的な日々

職業治験 治験で1000万円稼いだ男の病的な日々