読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

HIV細胞間感染の仕組み解明 新薬開発に期待

www.nishinippon.co.jp

熊本大エイズ学研究センター・国際先端医学研究拠点施設と理化学研究所などの研究班は、エイズ(後天性免疫不全症候群)の原因ウイルス(HIV)が細胞から細胞へと感染拡大するメカニズムを解明した、とする研究成果をまとめた。

鈴教授は「今回の研究成果に基づいて新薬の開発ができれば、『薬が効かないHIV』の出現を懸念する必要がなくなる」と意義を語る。ただし「マクロ細胞の外からの感染ルートと、CD4細胞におけるHIV増殖については、さらに研究が必要だ」と話す。さらにCD4細胞とマクロ細胞間の感染経路についても「存在し得る」としており、こちらの研究も求められる。

 

 

HIV/AIDS患者のトラブルシューティングとプライマリ・ケア-頭が真っ白にならないために

HIV/AIDS患者のトラブルシューティングとプライマリ・ケア-頭が真っ白にならないために